September 2006

September 30, 2006

平成13年短答式試験第40問

平成13年第40問。

「Aは、Bに対する貸金債権を回収するため、
BのCに対する金銭債権の取立ての委任を受けた。
この場合に関する次のアからオまでの記述のうち
正しいものを組み合わせたものは、
後記1から5までにうちどれか。

ア 委任者であるBは、
  取立委任をいつでも解除することはできない。

イ 委任者であるBが死亡したときは、取立委任は終了する。

ウ CがAの代理受領を承認したにもかかわらず、
  CがBに支払をすれば、
  AはCに対し不法行為責任を追及することができる。

エ BのCに対する債権に譲渡禁止特約がある場合、
  取立委任はBのを債権者とするという特約の趣旨を
  事実上回避することになるので、無効である。

オ BのCに対する債権をBの債権者Dが差押えた場合、
  AはDに対し優先弁済を受ける権利があることを
  主張することができる。」


1.アウ 2.アエ 3.イエ 4.イオ 5.ウオ


僕は平成13年に受験したとき
肢1と肢2で散々迷い、結局2にマークした。

肢エのとおり、代理受領が認められたら
譲渡禁止特約の意味がなくなってしまうと
当時はそう考えたのだ。

だけど、譲渡禁止特約がある債権に
何とか流動性を持たせるために代理受領という手法を使うなんて
実務を少しでもやっていれば誰でもすぐ分かることだ。

恥ずかしいことに僕はその「常識」を
当時は全く知らなかった。

だから、この問題見るたびに、
当時の僕はいかに無知だったかと思う。
僕にとって忘れることのできない1問である。

当時の僕から見て
今の僕は少しは進歩しているだろうか?
imakun7319 at 23:58|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

September 24, 2006

今年は、今年こそは受けます

ここ2年ほど受ける受けると言いながら
結局放置してきたビジネス実務法務検定1級。
今年こそは本当に受けます(笑)
というか、半分社命です。

ここ数ヶ月の間、大学レポートと並行して
毎日早出しつつ勉強しているのですが
やっぱりこちらの方が実戦的で面白い。
普段仕事の中でも
営業部などから質問されるであろう問題が多く、
法務マンにとってはかなりためになると思います。
実際にうちの会社で抱えている問題が
そのまま事例問題として
いくつか挙げられていたよ(笑)

また、ビジネス実務法務検定の場合、
司法試験よりも問題に対する
法的な問題点の抽出が細かく聞かれてるので、
出題者敷いてくれたレールに沿えば
一応何とか答案は書ける、そんな感じです。
その点、司法試験よりは親切な試験ではないかな。

しかし・・・テキスト高いよ(泣
結局買ってみたけどさ。
やたらと分厚くて
ひたすら事例と解説が載ってるだけの無愛想な内容だし。
(まあ当たり前か)

しかも1級に関する情報はあんまり巷に流れていないので
テキストだけじゃあ実態がよく分からん。
雑誌「ビジネス法務」とか
東京商工会議所の通信教育とか
買い込まなければいかんのだろうか。。
うーん、時間的にも経済的にも
もう限界だしなあ。

どうしよー。


imakun7319 at 08:37|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

September 23, 2006

大学のレポート作成

毎朝2時間かけて会社に通う僕(泣

まあ、その代わりに電車は確実に座れるので
睡眠以外にも割と色んなことをする時間がある。

今は、大学のレポートを書かなきゃいけないので
電車の中で基本書や判例集を読んだりしてる。
で、会社の空き時間に答案構成を練って、
セコセコとレジュメを作り、その後文章化。

編入学したのが7月下旬だっけかな。
ようやく刑法各論のレポートは課題数を全て出した。
何だかやってることは司法試験の勉強と
あんまり変わらないな。

強いて司法試験の問題と違うところといえば、
事例問題でも大学の課題の方が文章が抽象的というか
要領を得ないというか、そんな感じの問題が多い。
問題文を素直に読むだけでは、きちんとした結論が出ないので

場合分けをしろってことかな??、と思い、
いくつかの分類をしたら、こないだ帰ってきた添削では
「そんなことは問題文では聞かれておりません」と来た(泣
ま、点数は悪くなかったのでいいんだけどさ・・

ちょっと当初の予定より進捗がよくないので
巻き返しを図らなければ!
imakun7319 at 08:27|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

September 10, 2006

僕の格差社会体験

昨日、テレ朝で「格差社会」の番組やってたね。
その内容の是非はともかくとして
リアルで社会的身分の格差を感じてきた僕からすれば
とても他人事とは思えない番組でした。

いま振り返って思うに
僕はギリギリの段階で、身の破滅から脱したと思う。
「30歳。職歴ほぼなし。択一落ち」
あと少し、就職活動に踏み出すのが遅かったら
今の僕はないだろう。本当に危なかった。

最初の就職活動は悲惨だった。
誰も相手になんかしてくれないし(当たり前だが)
僕の身体自体が就職活動に拒否反応を示して
吐き気、不眠の危うい精神状態がずーっと続いた。

運良く就職しても安心はできなかった。
というか、不安はかえって増大。
何せ、会社は同族超ワンマン経営、
僕の身分は契約社員、初年度の年収は256万円
賞与に至っては5000円である。
将来に絶望していた時期もあった。

いま、何とか絶望の淵から抜け出して
人並みの生活ができているが
こういった普通の生活を送ることができることが
本当に幸運で幸せなことなんだなあと改めて実感している。

で、何が言いたかったといえば、
30歳超えたってやり直しは不可能ではないということである。
就職や転職は、運とタイミングで決まっちゃうことが多いし、
面接で嫌な思いしたり、家族や親戚から白い目で見られたり
辛いことはたくさんあると思うけど
それでも、めげずに動き出さなければ
本当に何も始まらないんだよね。

就職しようと思っているみんな頑張ろうな。
imakun7319 at 06:52|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

September 09, 2006

法務のお仕事って・・・・

こないだ33歳になりました(笑)

あと27年すれば還暦、50年もすればお墓の中。
本当に人生はあっと言う間なんだねえ。

最近、うちの会社の流行は
「コンプライアンス」と「CSR(企業の社会的責任)」。
何だか分かったようで分からないようなこの言葉。

うちの会社はこういった新しいものが大好きだ。
この前はJ-SOX法に基づく内部統制システム構築なんて
話がきていたが、何のために何をどうやるのか
大半の従業員は全然分かってない。
もちろん僕も知らない(笑)

現場サイドに密着した法務のお仕事は
とても地味だし、うんざりするような案件ばっかり。

いかに焦げ付いた売掛金を回収するか。
刑事事件を起こした従業員の処遇をどうするか。
労使問題で妙なところに駆け込まれないために
どのように話をつけるか。

ハッキリ言って全然スマートな世界ではございません。
横文字をずらっと並べられても片腹痛いって感じになっちゃう。

以上、法務の中でも
汚れ仕事を担当する者からのグチでした。




imakun7319 at 09:08|この記事のURLComments(5)TrackBack(0)
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: